水道代金を節約するために

簡単な方法で節約できます。
例えば、ペットボトルに水を入れます。その後、そのペットボトルをトイレの水の入っているタンクに入れます。
これだけです。なぜなら、タンクの水は一定量入ったら止まる仕組みなので、なるべく早く水がたまるためにこの方法は有効です。
ですが、タンクの形もご家庭によって様々だと思いますので、時には小さいペットボトルに水を入れて一個だけでなく二個もしくは三個入れることもできるでしょう。
ペットボトルをたくさん入れれば入れるほど、節約にはなります。
ただ、その分用を足した後の水に流れる量が少なるわけです。
水量が少なくなるのが気になる方はペットボトルを一個だけ入れることができるでしょう。
この節約方法は、考え方としては塵も積もれば山となる、です。
月単位、年単位で考えたら違いが生まれると思います。
実際は目視では水量の違いはあまり感じられませんし、しっかりと流れるのでいつもと同じ生活をしているのに節約が行われていることになります。

 

節約方法は以前から探していましたが方法が思いつきませんでした。
ところがある日、テレビを見ているとこの節約方法が取り上げられていました。
節約したくても、あんまり頑張りすぎると長く続かないです。
ですがこの方法ですと、いつも通り生活を送っているにもかかわらず節約になっているのです。
だからこそこの方法をテレビで見た時には、すぐに実行してみました。
最初は小さいペットボトルに水をためて行いました。
水を流すといつもと何にも変わらずしっかりと水が流れます。
あとはそのまま放っておけば良いだけです。

 

何年に一回か可能であれば一年に一回旅行に出かけたいです。
旅行資金を節約により入手したいです。
今は国内のツアーも充実しています。一人分であればそれほど高くありません。
それにイメージだと値段が高いと感じがしてしまうかもしれませんが、今は海外旅行も気軽に行けます。
場合によっては国内旅行なみの価格です。
やはり旅行を目標とすることにより、コツコツと節約を続けていきたくなります。
また、ういたお金で外食にも行く予定です。
金額があまりいっぺんに入るわけでわないので、自分にちょっとしたご褒美をする感覚です。